2017年08月03日

通る勇気無。

帰宅して、伽羅さん&みーさんの監視下に置かれている私です。
今朝はみーも5時に起きだして、『一緒にお散歩行く』との事。
ストライダーに乗ってLet's Goですグッド(上向き矢印)


ブログIMG_1190-s-20170803こぴ.JPG


公園に行くと。


ブログIMG_1189-s-20170803こぴ.JPG





な、なんと・・・。


ブログIMG_1188-s-20170803こぴ.JPG



猫さん達の鋭い視線・・・顔(なに〜)


ブログIMG_1191-s-20170803こぴ.JPG


チキンの私達は、門番の間を通らせて頂く勇気は無く、横からコソコソっと
通り抜けさせて貰いました(苦笑)


門番さん達は微動だにせず、ですよ。


伽羅とみーと一緒に散歩すると、『あぁ、日常だかわいい』と思いますわーい(嬉しい顔)


そんなこんなで二人のお散歩に付き合い、気付けば1時間半経過。
朝から良い運動でした。


長い散歩に付き合えた理由は、今日はお休みを貰っていたのです。
みーの大学病院の定期検診なのでした。今日は心臓外科。


レントゲンやら、心電図やら、検査と、機械の調子確認と、執刀医の先生の診察。
大学病院はやっぱり半日コースですね。


でも初めて知った事。
8月なので、夏休みで、子供の数が多い。
小学生組の子達が結構たくさん。
ペースメーカーのお世話になっている子は案外たくさんいるんだと、今日
初めて知りました。

みーも小学生になったら、診察やら手術は、春休みと夏休みになるらしいです。

電池の寿命もあと2.5年。
次の手術の時に、電池交換だけ行うか(開腹手術)か、もう1回心臓を
開けるか、この2.5年の内に考えていきましょうとの事でした。
心臓外科の先生だけではなく、小児科の先生も含めて、チーム全体で
進めることになるらしいです。

心臓の先生は、まだ次の手術は開腹だけにしておきたいみたいでしたが、
みーの成長が遅い場合(身長が伸び悩んだり、発達が遅かったり)は、
心臓を開ける方向になるかなぁ・・・ってな具合でした。


みーを赤ちゃんの頃から見てくれている先生ですが、『見る度に
赤ちゃんから女の子になっていく・・・もう赤ちゃんの面影が
ない〜!』とちょっと残念そうだった(なんで?(笑))。
ICUで一晩中泣き続けたみーの泣き声は彼の記憶にきっちりと刻まれている
様子ですが(笑)

それでも診察が終わった時、『みーちゃんはとってもいい子に育ってくれてますね。
僕とっても嬉しいです。』と、いい笑顔を向けてくれた先生の言葉が
私はとっても嬉しかったですよわーい(嬉しい顔)


そして今、毎日を一緒に過ごす時間に繋いでくれた先生に有難うの気持ちで
いっぱいです。


当たり前の日常は、大切な時間です。


下下下一日一回クリッククリック。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

ニックネーム 伽羅パパママ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | みー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4227351

この記事へのトラックバック