2016年12月29日

帰宅。

伽羅を迎えに行ってきました。


ブログIMG_9355-s-20161229こぴ.JPG


傷口が痛々しいですが、本人はとっても元気。
先生に抜糸までの2週間は、彼女のストッパーとなり、セーブしてくださいねと
念を押される程。


人生二度目のこのエリザベスカラーの大きさが把握しきれておらず。


ブログIMG_9357-s-20161229こぴ.JPG


色んなところでひっかかっております。


ブログIMG_9354-s-20161229こぴ.JPG


これはしょうがないよ。
2週間、何があっても外すなって先生に言われてるし・・・。
伽羅の傷口がきちんとふさがるまでは、忍耐だねぇ。


昨夜は疲れてしまったので、もう宅配ピザです。


ブログIMG_9363-s-20161229こぴ.JPG


ものすご〜く食欲旺盛のこのお方。


ブログIMG_9361-s-20161229こぴ.JPG


違う意味でのカラーの使い方をマスターし始めました。


静かな我が家は、伽羅の帰宅により、賑やかになりました。
『腫瘍は全部取りきりました。もう問題ありません』という報告には
なりませんでしたし、まだ気になる点は幾つかありますが、目の前の
事に一つずつ対応していく。これしか出来ないですから。


不思議なものです。
1日、伽羅が不在だった一昨日の夜、伽羅は居ないのに、伽羅がいるような
音や、存在を感じられました。
伽羅がいない事にダメージを受けてるんだな〜と思っていましたが、
(または幻聴・・・)みーも、夕食時に『伽羅ちゃんがいる!』と言うん
ですよね。『伽羅の心が帰ってきてるのかもね』と話していましたが、
皆それぞれ、伽羅の帰りを待ちわびた時間でした。


迎えに行った昨日、先生のお話を聞いて、今後の方向性や、薬を貰うのに
少し時間がかかりました。
いざ、帰ろうとしたら、火がついたみたいに泣きだしたみー。
伽羅の顔を見てホッとした様子です。
心配だったんでしょうね。
長時間の検査も不平を言わず、ずっと付き合ってくれていたのですが、
みーなりに思う所があったんだったなぁと。


これから抜糸まではおとなしく生活するので、散歩も最低限です。
今年は年末年始の帰省もなく、ここで、ゆっくりと静かに過ごします。


伽羅パパとみーは今日からお休み。
伽羅ママはもう1日お仕事、がんばってきます。


下下下一日一回クリッククリック。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
別ウインドウで開くようにしたワン猫(足)

ニックネーム 伽羅パパママ at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4191030

この記事へのトラックバック